1)	設計〜生活の場の創造

建築費は主に・大きさ(規模)・仕様(資材・建材など)そして間取り(仕切り)によって、その大半が決まります。 そして、そこに会社の経費(利益を含む)を計上して建築費が決まるのですが、中でも大きな割合を占めるのがやはり‘人件費’と‘会社経費’です。

エムアンドエー設計での建材・資材の仕入れは、メーカー直接購入、又は1次問屋から出来る限り安価で購入しお客様に提供しています。

経費という点では、多くの会社で営業マンの給与やテレビCMを初め、展示場営業やチラシ配布などに多額の広告費を掛けて集客しています。この費用は最終的には建築費の中に織り込まれているので、多かれ少なかれ各お施主様が負担をしているわけですが、エムアンドエー設計には営業マンがいませんし、営業経費や広告費をほとんど掛けていないので、高性能な住宅を適正価格以下でお施主様に提供しています。

また設計事務所としての顔を持つエムアンドエー設計では、意匠図・構造図・設備図などの設計図書や建築確認申請などの業務を下請けには出さず、自社内で行っているのもコスト削減になっています。

但し、削れないものが一つだけ!これは職人さんの人件費。職人さんの技術や仕事に対する想いを惜しみなく発揮してもらうために職人さんの手間だけは削りません。エムアンドエー設計の家は、長年において同じ職人さん達の手によって建築されていますので、段取りを間違えたり、仕事忘れによるミスがない事で、設計打ち合わせで導かれたデザインや性能の良さがお約束出来るのです。

スタンダード仕様 (屋根W断熱+外張り断熱+エアコン1台全館空調システム)

建築費の目安    施工床面積(坪)×56万円+付帯工事費 (税別)
外皮平均熱貫流率UA値    0.44W/u・K以下・・・・・・・・地域基準の2倍優れる値
(H28省エネ基準) 

部位 仕様 備考
屋根断熱 外張り断熱RZボード50mm+
次世代高性能グラスウール105mm
アキレスQ1ボード
旭ファイバーグラス:アクリア
外壁断熱 外張り断熱Q1ボード40mm アキレスQ1ボード
基礎断熱 外張り断熱Q1ボード40mm アキレスQ1ボード
     
屋根材 アスファルトシングル葺 リッジウエイ
外壁(通気工法) 窯業系サイディング  
外部開口部:サッシ 遮熱高断熱ペアガラス樹脂サッシ エクセルシャノン
外部開口部:玄関 国内メーカー断熱ドア K2仕様(高断熱仕様)
白蟻駆除(非農薬系) ホウ素系木材保護剤(高濃度ホウ酸塩)  
暖房・冷房換気システム エアコン+24時間機械排気換気システム  
住宅設備 システムキッチンL=2550 IHCヒーター
食洗器 シャワー便器 エコキュート
システムバス1616  洗面化粧台
 
太陽光発電設備 外張り断熱用単結晶型ソーラーシステム *オプション

ZEH仕様 (屋根W断熱+外張り断熱+エアコン1台全館空調システム)

建築費の目安    施工床面積(坪)×63万円+太陽光発電システム+付帯工事費 (税別)
外皮平均熱貫流率UA値   0.30W/u・K以下・・・・・・・・地域基準の3.5倍優れる値
(H28省エネ基準) 

部位 仕様 備考
屋根断熱 外張り断熱RZボード50mm+
次世代高性能グラスウール105mm
アキレスQ1ボード
旭ファイバーグラス:アクリア
外壁断熱 外張り断熱Q1ボード50mm
次世代高性能グラスウール90mm(105mm)
アキレスQ1ボード
旭ファイバーグラス:アクリア
基礎断熱 外張り断熱Q1ボード50mm
外周土間断熱Q1ボード50mm
アキレスQ1ボード
     
屋根材 アスファルトシングル葺 リッジウエイ
外壁(通気工法) 窯業系サイディング  
外部開口部:サッシ 遮熱高断熱トリプルガラス樹脂サッシ エクセルシャノン
外部開口部:玄関 国内メーカー断熱ドア K2仕様(高断熱仕様)
白蟻駆除(非農薬系) ホウ素系木材保護剤(高濃度ホウ酸塩)  
暖房・冷房換気システム エアコン+24時間機械排気換気システム  
住宅設備 システムキッチンL=2550 IHCヒーター
食洗器 シャワー便器 エコキュート
システムバス1616  洗面化粧台
 
太陽光発電設備 外張り断熱用単結晶型ソーラーシステム
+HEMS
*LIXIL(外張り断熱対応)
  • 多くのお施主様が気に掛けるキッチンなどの住宅設備は標準設定メーカーが選定されていますが、 他の国内メーカー各社もお選び頂く事が出来ますので、お施主様の個性に合わせてチョイスが可能です。
  • 総建築費としては、上記建築費とは別に「必要に応じた別途工事」「別途必要費用」がかかります。
    ・必要に応じた別途工事:外構工事・太陽光発電工事・上下水道引込工事・地盤改良工事・水道局納金など
    ・別途必要費用:特殊申請費・照明器具費・登記費用・カーテン費・火災保険など
  • 土地・想定建物面積が確認でき次第、概算予算書を作成しますので、早めに総建築費の目安を知ることが
    出来ます。
リフォームについてリフォームについて

Q:設計期間中、私たちの対応及び説明や進捗方法などは、いかがだったでしょうか?A:何もわからない状態でエムアンドエーさんに飛び込んだ私たちに対して一つ一つ丁寧に説明して頂き、とても感謝しています。私達が納得いく...

OB施主様専用ページ